出生前診断の種類

出生前診断の種類|確定検査

出生前診断の種類|確定検査

出生前診断の種類|確定検査 出生前診断には確定検査という種類があります。これは、基本的に結果が確実にわかる診断となります。この中には繊毛検査と羊水検査があります。
前者は、将来的に胎盤となる部分を採取して、染色体を分析する出生前診断です。後者は、おなかに針を刺して羊水を採取し、その中にある赤ちゃんの細胞を培養して染色体をチェックする方法です。
いずれも針を刺すことで流産や死産のリスクがあるため、非確定診断を最初に行う場合も多くなります。
侵襲的な検査は妊婦の負担にもなりますので、診断を受けるかどうかはリスクを考えてから行う必要があります。制度は100パーセントというわけではないので、場合によっては出生前診断で障害無しと判断されても障害を持って生まれるケースがある点には注意が必要です。
一応精度は99パーセントといわれていますが、100ではないので低い確率でこうしたことが生じるのは仕方がないことです。受けられる医療機関は限られるので、探して利用する必要があります。

出生前診断の種類と考えられるリスクとはなにか

出生前診断の種類と考えられるリスクとはなにか 出生前診断の種類は確定検査と非確定検査の2つにわけられます。さらにそれぞれには種類があり、非確定検査では新型出生前診断とコンバインド検査、母体血清マーカー検査があります。
どの方法においても母体の血液を採取し、そこから胎児のDNAを調べたり、超音波検査を行ったりするため、直接胎児に影響を及ぼすリスクは大変低いです。
確定検査では新型出生前診断などを行い、染色体異常がみられる、または考えられる際に行う方法であり、初めから取り入れることはほぼありません。この方法においては絨毛検査と羊水検査の2つがあり、染色体疾患全般について調べることができるほか、感度自体も99.9%となっており、染色体異常の有無などについて知ることができます。
ですが、どちらの検査も母体のお腹に針をさして、絨毛や羊水を採取しなくてはならないため、早産や破水、出血や子宮内感染などを引き起こすリスクが生じます。
羊水では300人に1人、絨毛では100人に1人が流産など胎児に影響を及ぼす可能性があります。

新着情報

◎2020/9/28

出生前診断の種類|確定検査
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

母体血清マーカー検査
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「検査結果」
に関連するツイート
Twitter